連休の過ごし方2012年05月04日


ほつれ髪の女

 先月は一度も記事を書きませんでした。忙しかったという単純な理由ではありません。年度が変わって、ぼくの周りにもいろんな変化があり、ぼく自身も仕事や生活が単純にこれまでの繰り返しではありません。ブログについても、これから何を発信していこうか考えています。大きくは変わらないのですが、これまでもまだ思い通りにいっていないところがあったし(やり始めて挫折しているシリーズものがある)、また、これまでより発展させたい部分もあるし。あれこれ考えていたひと月あまりでした。
 さて先月、展覧会としては、大友克洋原画展に行き、「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想」展にも行きました。それらのことも報告したかったけれど、書き始めるといろんなことを語りたくなって、なんだかんだ文章を考えているうちに、結局時間がなくなってしまうのです。
 とりあえず今日は、ダヴィンチ展の目玉作品、「ほつれ髪の女」を掲載します。お土産の絵はがきから。いやあ、美しい絵でした。しばらく絵の前にたたずみ、絵と対話をしていました。こんな奇蹟のような絵を見ていると、涙が出てくるんですよ。

 息子がこの春、大学に無事合格したおかげで、またお金があっという間に飛んでいって、連休はどこへも遊びに行けません。でも別にかまわないのです。というか、自分の仕事や創作に気持と時間を注ぐことができるいいチャンスと考えています(と言っても、連休ももう終わりですが)。
 今日もお昼ごろに、いつものように公園内を10km 走りましたが、この季節は花水木がきれいです。毎年見ているのに、今年はなぜか花水木につい目が向きます。桃色の縁のある花びらもいいし、白い花びらもいい。辛夷にしても花水木にしても、花の白色はなぜあんなに輝いているのでしょうね。
 チョウもあちこちで飛んでいました。自然や昆虫のことも、また写真とともにお話しできそうです。
 

年始のご挨拶2012年01月01日



龍のエンブレムを作りました

 みなさま、あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。
 これがぼくの今年の年賀状です。「龍」の 文字を元にエンブレムをデザインしてみました。ちょっと西洋ふう、ちょっとアジアふう。
 年賀状のデザインそのものは、あまりめでたい色使いにはせず、やや抑え気味の調子にしました。年賀状らしくないですね(笑)。

被災地支援Tシャツ2011年12月03日


デザイン2種類

Tシャツの色の種類

 日本基督教団西東京教区から、東日本大震災被災者支援Tシャツを販売することになり、デザインを担当させていただきました。最初に話が来たのが10月末、それから1か月以内にデータを仕上げるというものすごい急な仕事で、他の仕事も抱えていたため、スケジュール 的にはかなりハードでしたが、先月末にデータを予定どおり無事、入稿しました。
 Facebook ではすでに 6日前(27日)に報告しました。Tシャツの製作は韓国の会社。生地がなかなか丈夫で、安くてお買い得です。納品は今月20日の予定です。どれも1枚1500円。

 簡単にデザインの解説をいたします。
 上の切り株の絵は、イザヤ書11章、エッサイの株とイメージを重ね合わせ、倒れた切り株から伸びてくる、復興の希望を表しています。これが今後、西東京教区の被災者支援のシンボルマークになるかもしれません(そういう意見が出ています。決定ではありません)。
 下の花の絵は、サムエル記3章10節より。「僕(しもべ)は聴いています」を下敷きにして、被災者の声(と神様の声)に耳を傾けることで寄り添う姿勢を表しています。視覚的には「ルビンの壺」をモチーフに、対話の顔と希望の花を表しています。
 自分としてはできあがりに満足しています。自己満足に陥らず、なるべくみんなに着てもらえる絵柄を作ったつもりです。
 現物が届いたら、また掲載します。

スティーヴ・ジョブズが亡くなった!2011年10月06日

 今日一番の衝撃のニュースでした。スティーヴ・ジョブズの死去。最初、Facebook で友達のポストを見て、えっ、うそ? と思いました。すぐにあちこち検索かけてみたら、BBC News に出ていました。
 今日は一日Facebook でもTwitter でもその話題が駆け巡っていました。ぼくも気になることをあれこれ語りました。Twitter では僕自身は何もしていないけれど、HPをのぞくと、Trends の言葉の8割くらいがジョブズ関連で、娘は一時期繋がらなかったと言っていました。
 いやー、信じられない。早すぎる。ビル・ゲイツと同い年。ぼくの、一つ上で、とにかく同世代ですよ。ガンの状態がかなり悪化しているのだろうなあとは思っていたけれど、8月にCEOの座をティム・クックに譲り、昨日、iphone 4S を発表したばかりでした。あまりにも劇的な幕切れ。しりぞいてもしばらくはアドバイザーとしてアイデアを出してくれると思っていましたけれどねえ。
 あれだけの革新的なことを成し遂げた人ですから、そりゃあクセも強かったろうと思いますが、そんなのはあたりまえのことでしょう。とにかく、オバマ大統領もコメントしたとおり、世界は偉大なVisionary (先見の明を持った人)を失いました。
 ぼくは昔も今もMac ユーザーです。コンピュータが好きなのではなくて、Macintosh が好きなのです。パートで勤めているNCCの事務所ではやむをえずWindows を使ってますが、使えば使うほどWindows のダサさにため息が出て、「マック命〜!」ですよ。
 iPad もiPhone もまだ使ってないけれど、Macintosh だけでも存在意義は大きかったと思う。iPhone はソフトバンクの独占でなくなり、au でも近々販売されると聞いて、あ、それなら買い換えようかと思っていたところです。
 しかし、Steve Jobs のいないApple はこれからどうなるのだろう?


フレデリック・バックの大いなる孤独2011年09月25日


「木を植えた男」のDVD


 おととい(23日、金)、妻といっしょに東京都現代美術館へフレデリック・バック展を見に行ってきました。
 コンサートと同じように、いい展覧会はいい余韻をずっと残します。拙劣な比喩だけど、前回見た国芳展が川縁かどこかでゴザを敷いて、陽気に飲んで楽しむ日本酒の味わいなら、金曜日に見に行ったフレデリック・バック展は、森の中で木製のテーブルを囲んで、人生をしみじみ味わいながら飲むぶどう酒の味わいです。どちらもおいしくて、どちらも体にいい。その余韻が、さらに時間とともにまた発酵して、私の中に新たなクリエイティヴィティーを生み出します。

 20年以上前に、アニメの常識を破る「木を植えた男」の衝撃でフレデリック・バックのファンになり、本も買ったりしましたが、今回の展覧会でさらにバックのバックグラウンドを(オヤジギャグではありません)学べて、いっそう理解が深まりました。
 
 展覧会の前半ではひたすら学生時代や若いころのスケッチが展示されています。それが延々と続き、その数に圧倒されます。しかしそれらはそれぞれ一個の絵として完結しているものではなく、あくまで修行の作品です。スポーツで言えば、鑑賞者は基礎練習や筋トレを見ているような感じで、ゲームを見ているのではありません。だから変化に乏しく、ある意味退屈になるのです。それにしてもその作品点数と1枚1枚の描き込みには、圧倒されます。風景や人物や建物、衣服、動物、ありとあらゆるものを描きまくっている。手抜きをせずに。
 絵を描く行為は大変孤独な作業です。そこが音楽とちょっと違うところ。人と旅行をして絵を描くことはまずできません。一人旅に限ります。旅行だけじゃありません。身の回りのどんなものを描くにしても、いったん描き始めたら、そこから孤独な空間と時間が始まります。和気藹々と絵を描く、というのは、そういう目的でやる特別なイベントでもない限り、不可能です。人に気を使い始めたら絵は描けなくなる。
 そして世の中の大多数の人たちは絵を描かなくても生きていけるわけだから、そういう環境で絵を描くためには、意識してその時間と空間を作り出さなくてはいけないと言うことなのです。 
 バックは(いや、絵画の偉大な作品を造りだす人たちはすべて)どれだけの孤独な時間を費やしたことだろう、とスケッチを見ていて思いました。フランス生まれのフレデリックはカナダに移ってから結婚します。その奥さんが、旅行中、自分が絵を描くのをずっと待っていてくれたそうで、そのことに感謝しているフレデリックの言葉が、会場に掲示されていました。あとで妻とそのことを話したら、「あたしにはできないなあ」と言ってました。ほんとうにそうです(笑)。
 
 展覧会の後半に入って、絵の基礎練習が見事に開花するのを私たちは目撃します。そこ展示されている作品群の多彩さをどう表現していいのか。ぼくは日本の堀内誠一さん、太田大八さんを連想しました。多岐にわたって優れた仕事を残している点が共通しています。引き出しをいくつももっているのです。ポスター、絵本、TV番組、ドラマのセット、あらゆる分野に、それまで体に覚えさせてきたあらゆる形や表現方法がすべて生かされるのですね。見事と言うしかありません。ぼくが鈍感にも退屈と感じてしまった膨大なスケッチがあればこそ、これらの仕事ができたのだと言うことがわかるのです。クライマックスはもちろん「クラック!」「木を植えた男」などのアニメです。これらの作品は、日本やアメリカの商業アニメとは根本的に異なります(ただし、私はここで商業アニメを低く見ているのではありません)。原画のほとんどを(「木を植えた男」の場合、約2万枚)一人で描いたという点です。これは空前絶後のことです。
 もちろん、高いレベルで偉大な作品を創りあげているアニメの個人作家は他にもいるわけですが(ロシアのノルシュテインを挙げないわけにはいかないだろうけれど、私は勉強不足なので、これから見ていこうと思っています。同じくロシアのペトロフによる「老人と海」は「木を植えた男」に通じる名作です。これまた感動もの。あ、イギリスの「ウォレスとグルミット」シリーズを作っているニック・パークもいいなあ。DVD集めたいなあ。と、だんだん話が逸れていく)、気の遠くなるような作業によって作品を創りあげる、数少ないクリエイターの一人であることは確かです。
 展示されている原画セル(たくさんあったのだけれど、それも全体のほんの一部でしかない!)を見ていて思いました。ここには大いなる孤独がある。想像を絶する集中力と忍耐力で膨大な絵を描き上げた末にできあがる芸術品。そうか、この人は、絵を描く作業を通して、自分の世界を若いときから恐ろしいくらい追求し、広げ、豊かにしてきた人なのだと。凡人の「孤独」とは定義が異なるのです。それはまた、北斎やダ・ヴィンチと通じる世界です。
 フレデリック・バックもまた、若いときから今に至るまで、「満ちてゆく孤独」という点で、一貫した道を歩んできているのです。

ケータイはどこまで役に立つのか2011年03月12日

 大地震が日本列島を(文字通り日本列島を)襲ってから一夜明けました。
 世界最大級の規模というのが本当に驚きです。東京では今も絶えず小さな揺れが続いています。東北はもっと大きな揺れが頻発しているのではないでしょうか。テレビとコンピュータをつけっぱなしにしていますが、信じがたい状況が次々と報告されています。
 天災は忘れた頃にやってくる、と言いますが、今はあちこちで、忘れる間もなく次々に天災が襲ってきています。時を選ばず、ゲリラ的に来るから恐怖です。
 最初の地震が起きた午後2時46分には、ぼくは神楽坂の教会で会議中でした。日ごろは家で仕事をしていることが多いのですが、この日はたまたま外出。すぐに家族に電話をしましたが、ケータイがつながりません。会場には50人ほどの出席者がいましたが、みなさん、連絡を取ろうとしたり、情報を得ようとケータイを見たりしているのですが、通話はほとんど不可能のようでした。

 都内の電車がすべて止まってしまったので、ぼくは自宅まで15km 3時間ほど歩いて帰りましたが、途中、高田馬場駅前をはじめ、公衆電話には長蛇の列ができていて、ごった返していました。最近ではすっかり人気のなくなった公衆電話が、こんな災害時に活躍するというのが皮肉です。ケータイは緊急時に役立ちますが、すべての人が緊急事態にあるときには意外に使えなくなってしまうということがよく分かりました。
 通話はまったくダメ。Cメールはほとんどダメ。Eメールは時間差で届きます。インターネットで情報を得ることは可能でした。
 娘の話だと、ツイッターがかなり大きな情報元のようです。ぼくも実はアカウントを持っているのですが、ほとんど使っていません。

 歩道は、ぼくと同じように歩いて帰宅する人たちであふれていました。バス停にも長蛇の列。早稲田通りでは車が渋滞。ヘルメットをかぶって歩いている3人の若い女性がいたけれど、職場で借りてきたのかな。男性サラリーマンでも一人ヘルメットをかぶっている人がいたし、ずいぶん準備がいいものだと感心しました。
 
 靴の話をしましょう。靴は歩きやすいものを普段から使っていた方がいいと思います。ぼくは服でも何でも、そんなにいい物は使ってませんが、靴に関してだけは、ランニング用だけでなく普段の生活で用いる靴にも、若い頃から気を遣っています。何かがあったときに走れない靴は使わないというのが、基本姿勢。
 きのう履いていた通勤靴もウォーキングに適したものだったので、歩いての帰宅には役立ちました。靴ズレを起こすこともないし、足が痛くならないのです。ハイヒールを履いている女性は大変だったんじゃないかな。

 それから、日ごろランニングをやっていることが、こういうときに生かされました。ふだんから10km 走ってますから、15km 歩くくらいは全然苦になりません。抵抗なくやれる。そういう心理的な影響は結構大きいと思います。もちろん、服装が違うことや荷物を持っているのが、若干ストレスにはなるのですが。

 それにしても、東北の人たちのことが案じられます。何とかみんなで力を合わせて一日も早い復旧をしたいですね。がんばれ、ニッポン!

Facebook の迷惑アプリ2011年02月23日

 先月末に始めたFacebook 、現在少しずつ中身を充実させています。
 出身校のキーワードやぼくのアドレス帳から検索をかけたら、知り合いが次々に出てきて、友人リストも少しずつ増えています。

 Facebook の使い方は、Facebook の中にある解説を見ながらやっているのですが、やり方がよく分からないものもあります。試行錯誤の末、思っていたことが実現したものもありますが、その過程でちょっとした失敗もあり、迷惑アプリに引っかかりました。アプリケーションそのものは一応まともなのだろうけれど、詐欺まがいの普及のさせ方をしていて、迷惑なのです。
 Friends Photos というアプリなのですが、最初、ぼくのリストにあった友人から推薦されてきたので、何の疑いも持たず、それを採用しました。ところがこいつは、いったんアカウントに入れると、ぼくの意思に関係なく、勝手にぼくのリスト内のメンバーに紹介していくのです。で、ぼくと同じようにそれを信じた人たちが、そのアプリケーションを使うようになるんですね。非常にたちが悪い。「Facebook ユーザーの91%の人がこれをいいね!と言ってます」って、なに言ってんだ、このやろ。と、ぼくは悪態をつくのでした。
 さらにもうひとつ、そのアプリを開くと、上の方に画面にかぶさるように広告が出ていました。文字が隠れて読めないので、何とか削除しようと広告の画面をあちこちクリックしていたら、間違って広告上のゲームソフトが開いてしまいました。巧妙な手口でクリックさせるように考えてる。こうやって人のアカウントに侵入するんだ。

 この両方を削除するのが結構大変だったのです。ぼくはFacebook 言語設定を英語(米語)にしているものだから、英語の説明を理解しなくてはいけない。苦闘しながらも、少しずつ利用法を習得しています。言語を日本語にすれば楽になるのかもしれないけれど、やせがまん。その分失敗も増えるし、いろんなことが遠回りになっちゃうのですけどね。
 まあ、でもいいのですよ。Facebook そのものはなかなか面白いと思っています。IT にトラブルや失敗やつきもの。何でもそうですが、要は使い方次第。振り回されないことです。

印刷博物館、めっちゃ面白かった2011年02月17日


活版印刷機

 今日、息子と印刷博物館へ行ってきました。飯田橋近くにあるトッパン小石川ビルに入っている博物館です。
 グラフィックデザインやイラストの仕事をやっていくためには、当然、印刷の知識を身につけなくてはいけないのですが、実際に印刷所で作業を見たり、自分でやってみたりというチャンスはめったに得られません。今までに1、2度かな、見学したのは。もっと印刷のことを勉強したいと、いつも思っています。
 この博物館へ行ったのは初めてだったのですが、こんなに面白いのならもっと早く行っておけば良かったと思いました。

 展示物も興味深いものがたくさんあるのですが、目玉は、ワークショップ。活字で自分の好きな文を組んで、活版印刷機(上の写真)で印刷するのです。季節ごとに作るものが違うのですが、今は栞(下の写真)。
 活版印刷には数年前から興味を持っていたのです。オフセット印刷が主流の今では、ほとんど廃れてしまったかに見える印刷技術ですが、コンピュータ時代の印刷では味わえない温かみがあります。何よりもあの「印圧」。プレスのあとが残って、文字や図柄がわずかにへこんで見えるでしょう。昔の印刷物はみんなあんなふうになっていたのですよ。

 たった18文字を組んで印刷するだけですが、栞に刷り上がったときには、参加者全員、「おー!」と感激していました。ぼくも感激。手作りの味わいですね。ところで、息子は「論語」の文句を選んだのですが、一文字、活字がありませんと係の人に言われて別の文句に変更(それもまた「論語」から)、一人だけ後れを取っていました。凝りすぎなんだよ。
 活字を拾ったり、組んだり、印刷機でガッシャンと押したりと、手間暇のかかる作業ですが、それがいいのですね。日ごろコンピュータで絵や文書を作って、プリンターであっという間に印刷されるけれど、そういうものでは決して味わえない感動があります。しかし木版画やプリントゴッコともまた違います。

 実は今、欧米では活版印刷によるグリーティングカードが数年前から人気になっているようなのです。ぼくも、3、4年前にテレビで見ました。デザインはコンピュータを使うのだけれど、印刷は活版で。それが実にいい。何か僕にもできないだろうか、と以前から模索中なのです。
 手始めにやってみたのが、今日のワークショップでした。ちなみに印刷した文は、ぼくが去年の春に詠んだ句です。
できあがった栞