創立記念演奏会2013年04月21日


手描きのパターンとの組み合わせ

 またまたご無沙汰してしまいました。ごめんなさい。
 野方町教会の創立記念演奏会が今年も開かれます。
 今年はソプラノの本宮廉子(もとみや・きよこ)さん、チェンバロの坪井香野(つぼい・かやの)さん、チェロの十代田光子(そしろだ・みつこ)さんによる演奏です。
 チェンバロ演奏は数年前にも当教会でやっていただきました。今回は演奏者が異なりますが、生のチェンバロ演奏が聴ける機会はめったにないので、楽しみです。オーディオ機器がどれだけ発達しても、生で聴く楽器演奏は音の質が全然違いますね。歌声も違うし。
 お時間ありましたら、ぜひお友達やご家族とお誘い合わせの上、おいでください。入場料無料です。

 さて、デザインの話をさせてください。
 毎度、チラシのデザインは、アイデアを思いつくまでが本当に大変です。いったん方向性が決まれば、あとは、作業時間がある程度読めるのですが、無の状態はいつも苦しみの中です。
 今回のチラシ、自分としてはこれまでの制作したものの中では気に入っている作品です。明朝体のタイトル文字に飽きていたので、もっとシャープな感じにして、でも冷たくならないものにしたいと考えました。
コンピュータに頼るだけのデザインやイラストは薄っぺらになります。それは極力避けるように心がけています。手作りのタッチを込めないと面白くありません。人間や自然が感じられるデザインやイラストでありたいというのが、ぼくの基本方針です。
 新緑の季節なので、陽を浴びる木の葉のイメージを出しました。最初、インターネットで無料の木の葉の写真をダウンロードし、コンピュータ処理してみたのですが、実に実につまらなくなりました。で、方針変更。水彩絵の具で、クレーの絵のようなパターンをていねいにつくっていったのです。時間はかかったけど、色を塗っていてとても楽しく、思い描いていたようなイメージに仕上がりました。
 ぼくはやっぱりクレーが好きなのだと思いました。彼の絵には旋律やリズムと言った音楽があります。だから演奏会のチラシにはクレーのタッチがピッタリですね。

野方町教会クリスマスイブ賛美礼拝&コンサート2012年12月06日


娘の作品

 恒例の野方町教会クリスマスイブ賛美礼拝&コンサートです。今年はいつもの3人の出演者に加えて、リコーダー演奏者も登場。一段と楽しいコンサートになりそうです。hiiragi さん、しばらくご無沙汰してますが、来てくださらないかな。
 チラシデザイン、今回は娘が担当しました。僕がこの時期、時間がとれなかったので、助かりました。従って、作業には一切関わりませんでした。できあがったのを見て、ちょっと感想はあるけれど、まあいいか。

教会のハレルヤ2011年01月08日

YouTube の動画、2回目です。

教会のMiwaさんが、ご自身のブログで先日公開してくれた動画です。去年の暮れ12月24日、クリスマスイブ讃美コンサートの最後、みんなで歌った「ハレルヤコーラス」。撮影はMiwaさんのご主人。

おー、すごい。2年目にしてこんなに上達したんだ、と感激しました。皆さんにお聴かせしても決して恥ずかしくないレベルにはなってますね。もちろん、プロとは比べものになりませんが、1年目とは段違いです。

それに本番では練習よりもずっとうまく歌えてました。と、僕は思います。

僕はテナーパートで一応この中にいるのですが、幸い人の陰に隠れて姿は見えません。


私たちの「ハレルヤ」をどうぞお聴きください。


イブ讃美コンサート2010年12月09日


ハレルヤを歌おう

 ぼくの教会では毎年、クリスマスイブに「イブ讃美コンサート」が行われます。ソプラノ歌手、テノール歌手、オルガニストを招いての心温まるひとときです。今年はさらに特別ゲストも出演が予定されていて、一段と楽しいものになりそうです。去年からは参加者全員でハレルヤコーラスも歌うようになりました。これはもう圧巻。お時間がありましたら、ぜひご参加ください。
 日本ではクリスマスは若いカップルのためのものみたいな、偏ったイメージができあがってしまっていますが、教会で過ごすクリスマスはまた違った味わいで、ふだん教会に足を運ぶことがあまりない人だったら、それこそ、こんなクリスマスの過ごし方があるんだという新たな発見があるのではないでしょうか。こういう時こそぜひ教会へ。
 12月24日(金)夜7時から。
 詳細は、掲載のチラシを拡大してごらんになってください。

 チラシデザインの話です。
 教会行事のデザインをやらせてもらっているのですが、大きなものとして5月の創立記念コンサートとイブ讃美コンサートの二つがあります。いま、日本の印刷事情は大きく変わり、4色刷(いわゆるフルカラー)印刷が格安でできるようになりました。10年前の5分の1以下。そこで、教会の皆さんの了解を得て、去年のイブ讃美から4色刷のチラシを作らせてもらうことになりました。
 当然、4色になると2色刷りや3色刷りに比べてデザインの手間がかかります。しかし、やはりいろんなことが可能なので、ずっとこっちの方がいい。それに今のコンピュータのソフトは4色刷での制作を基本に作られていますから、結局はこっちの方が効率的なのです。
 色はやっぱりクリスマスカラー。イラストは、お生まれになったイエスさまを拝みに来た羊飼いの家族を描きました。温かみを出したつもりですが、教会学校の行事みたいに見えるかな? 
 ぼくは、デザインでもイラストでも、カチカチのものは似合わないということが、数年前からわかるようになったので、隠しようもなく現れるクセを自分のデザインとして伸ばしていこうと思っています。

枯葉よ〜2010年10月25日

 初めてYouTube の動画を埋め込んでみます。

 ようやく少しずつ秋らしくなってきました(とはいえ、今日も半袖で出勤)。秋を代表する歌の一つに、かの有名な「枯葉」があります。Wikipediaによると、「初老以上の人々に懐メロとして親しまれている」のだそうで。はぁ〜。私も十分にそういう世代だと言うことですな。

 でもね、いい歌はいいんですよ。

 以前から、この歌の歌詞が気になっていました。作詞者がジャック・プレヴェールだというので。ちょっと覚えたいなと思いまして。「これは私たちに似た歌、私を愛したあなた、あなたを愛した私……」てな感じで、易しい単語で綴られています。しかし、よく考えてみると、日本語の歌詞も英語の歌詞もぼくは全然知らないのだ。

 さて、YouTube 。これはありがたい。歌や動画はまずこれで検索。最近の楽しみの一つです。まさかこういうのはないだろうと思っていても、たいがいのものが出てきます。「枯葉」だったら、見つからないわけがない。たくさん出てきた候補の中で選んだのが、イヴ・モンタンのオランピア劇場でのライブ版です。

 いや〜、やっぱりいい、これ。語りから始まってグラデーションのように歌に変わっていくところは最高ですね。ピアノ伴奏がまたいいし。そして、この歌にはパリの街並みが似合うんだなあ。

 最初の方のメロディーがなかなか覚えられないんだけど、ま、そのうち。

 この歌をよーく知ってる人も、初めてだという人も、どうぞお聴きください。


 追記:歌詞の和訳を載せときますね。最初の語りの部分から。


 あなたにずっと覚えていて欲しい

 私たちが友達だった幸せな日々のこと

 あのころ人生はもっと美しく

 太陽は今日よりも輝いていた

 枯葉がちりとりに集められる

 ほら、私は忘れない

 枯葉がちりとりに集められる

 思い出も後悔もともに

 そして北風が忘却の寒い夜の中に

 それらを持ち去る

 ほら、私は忘れない

 あなたが歌ってくれた歌を


 それは私たちに似た歌

 私を愛したあなた、そして私はあなたを愛した

 私たちは二人一緒に過ごした

 私を愛したあなた、あなたを愛した私

 でも人生は愛する者たちを引き離す

 そっと、音もなく

 そして海は砂の上の

 別れた恋人たちの足跡を消し去る


通りゃんせ2010年05月18日

 横断歩道で目の不自由な人のための音が設置されています。けっこう多い旋律が、「通りゃんせ」。で、いつも思うんだけど、こんな暗い歌を流すのってまずいんじゃないの?
 企画した人はタイトルと歌詞の最初が「通りゃんせ」だからそれにしようって、単純に決めたのでしょうが、まず旋律が短調です。歌詞を知らなくて(例えば外国人とか)音に敏感な人が聴くと、あまりいい気分はしないんじゃないでしょうか。
 そして、歌詞も終わりの方で「行きはよいよい、帰りは怖い」でしょ。歩行者への脅しか?と言いたくなる。そういう選曲は抗議が来てもおかしくないような気がするけど、そう言うニュースは聞いたことがありません。
 役所内でもきっと反対意見が一つくらいは出たのだろうとは思いますけどね。そのうち改善しましょう、なんて言ってるうちにそのままずるずると今日まで来ているのだと想像します。
 今日も近くに出かけた時、横断歩道でそのメロディーを聴きながら渡りました。「行きはよいよい……」あたりでブツッと切れると、なかなか不気味ですよ。

 では、代わりにどんなメロディーがいいか? ちょっと思いつくので、トトロの「歩こう歩こう」はどうでしょう。……しかし、子どもたちが喜んで、渡ることよりオイチニ、オイチニで行進を楽しんじゃうと、それもまた危ないかもしれませんね。

ストラディヴァリウスの音色2010年05月09日


アヤノ・ニノミヤさん


 演奏会が終わってからチラシを掲載するというのはマヌケもいいところですが、今日、教会で創立記念演奏会がありました。これがまあ、すごかったのですよ。いい演奏会でした。演奏は生で聴かないと本物の感動は味わえませんね。コンサートを聴くたびに実感します。
 今日ヴァイオリンを演奏してくださったのは、アヤノ・ニノミヤさん。アメリカやヨーロッパで活躍されている人です。
 曲目は無伴奏ヴァイオリンのためのパッサカリア(ビーバー)、ルーマニア民族舞曲(バルトーク)、バイオリンのための無伴奏パルティータ(J.S. バッハ)、レシタティーボとスケルツォ(クライスラー)。最後の曲などは超絶技巧でしたね。バッハの曲はぼくもCDを持ってますが、生は迫力が全然違う。バルトークの音楽は僕、好きなのです。知識は詳しくないけれど、ラジオを聴いていて、あ面白い曲だと思うとそれがバルトークの音楽だったと言うことが多く、僕の好みなのです。今日のこの曲もとても良かった。
 あのすばらしい演奏は、ストラディヴァリウスゆえか、それともアヤノさんの技術なのか。当たり前ですが、その両方なのです(こういう、しょもないコメントをするってところがまるっきりのど素人なのですねえ)。
 音色は変幻自在の表情を見せ、会堂いっぱいに広がったかと思うと、小さな、でも力強いささやきになったりする。エリック・カールの絵本「うたがみえる きこえるよ」とそっくりの世界でした。この豊かさは、CDでは味わえません。
 
 音楽における生演奏とCDの関係は、美術における実物と図録の関係に似てますね。本物に接してしまうと、コピーは所詮コピーです。奥行きや深さの点でまるっきり違う。ま、これも当たり前の話ですけど、今更ながらに感じるのです。
 とにかく美しい音色、すばらしい演奏を心から楽しめました。

 ところで、このチラシは僕がデザインしました。思いっきり春らしく、ヴァイオリンの美しい音色が聞こえてくるようなものを、というコンセプトで。

コスチュームがいい2010年03月09日

 武蔵野音大打楽器コンサートの続き。
 演奏会では、演奏はもちろん良かったのですが、コスチュームが素敵でした。それぞれの曲調に合わせたものを選んでいて、それもまた楽しめるのです。よくあるクラシックコンサートのようなスーツ、ドレスっぽいものもあれば、ラテン風、アフリカ風……。あれもみんなで選んで決めていくのだろうなあ。
 ヘアスタイルも凝ってました。もちろんそれは女性奏者の話ですが。メークも今風だったし。

 曲ごとに楽器編成が違っていて、そのたびに大きな太鼓やマリンバを舞台袖に引っ込めたり出したり。大変だなと感じました。で、このコンサートでもアンコール曲が演奏されたのだけど、始まる前にどんなふうに入れ替えるのかなと思ってました。
 そうしたら、出演者たちが舞台の一番前に並んでいる間に、裏方の学生さんたちが後ろで動いて移動し始めたのです。なるほど、これならへんな時間の空きを入れずにスムーズに行えるな、と見ていました。
 すると、人の動きがごちゃごちゃとある間に、いきなり男性がボンゴをたたき初め、演奏が始まりました。後ろではまだ何人もの人が動いているのに、まわりの演奏者がどんどん加わっていって、やがて音楽が舞台いっぱいに広がりました。曲は「ウエストサイドストーリー」の「マンボ」。いやあ、かっこよかったですね。最後大いに盛り上がって終わりました。


 それにしても……話題が変わるのだけど、ここでも女性の方が男性よりも多いのはなぜだろう?吹奏楽部って(オーケストラもたぶん)昔は男子が過半数はいたはずなのに、今ではどこでも圧倒的に女子の世界。男子は数えるくらいしかいません。 
 娘の行ってる美大も今や女性の天下。いったい男はどこで何をしているのだろう?