ダ・ヴィンチ展とラファエロ展に行きました2013年05月11日

 展覧会というのは「会期終了までまだ日があるな」と思って油断していると、ギリギリになってめちゃ混みの会場に行かなくてはいけない羽目に陥ります。
昨日(10日)、会期半ばのダ・ヴィンチ展とラファエロ展をハシゴしてきました。「いつ行くの? 今でしょ」ってことで。どちらもそこそこに混んでいましたが、十分に観賞できました。
 ぼくは圧倒的にダ・ヴィンチのファンなのですが、美術展としては、今回はラファエロ展の方が面白かったというのが正直な感想。

 ダ・ヴィンチ展では、手稿と呼ばれるダ・ヴィンチの膨大な研究ノートの一部が展示されています。この手稿がダ・ヴィンチの活動の神髄であって、この中にこそ彼の魅力が詰まっています。彩色された絵画は十数点しか描いていませんから、そういうものだけを期待しているとダ・ヴィンチへの理解がすごく狭くなってしまいます。そして、ダ・ヴィンチの手稿を見るときに要求されるのは、作品の鑑賞以上に、彼の思考のあとを追跡することです。
 しかし、ぼくには今回の展覧会は、レオナルドの同時期の他の画家の素描などでなんとなくお茶濁しをしているような印象も受けました。彼自身による油絵が1点(「音楽家の肖像」)公開されていて、これはとてもよかったのですが、前回見た展覧会同様、1点だけの客寄せ作品で一般のお客さんを引っ張ろうとする意図が感じられます。まあ、手稿だけではあまり人は来ないだろうし、かといって他に絵画がそうたくさんあるわけではないし、難しいところです。
 とはいえ、ぼくはこれからもダ・ヴィンチ関連の展覧会は見続けるつもりです。

 一方、ラファエロの方は、23点の絵画・素描を見ることができて、見る楽しみを満喫できます。ラファエロって、絵がうまいですね。って、専門家やファンから殴られそうなコメントをしてしまいますが、とにかくその技量はやはり天才だと思いました。彼は剽窃の天才と言われているわけですが、それくらいあらゆるテクニックを自分のものにしたということなのでしょう。
 ぼくはこの人の描く女性が好きなのです。ムリリョというスペインの画家の描く女性の次くらいに好きです。
 ここでちょっと脱線して、絵画の女性という観点で言うと、レンブラントの描く女性、ルーベンスの描く女性は、どれも体がぶよぶよで、顔も美しくなくて、がっかりしてしまいます。レンブラントの絵そのものは好きですが。ワイエスの描く女性は、決して美人ではないけれど、存在の美しさを感じさせて、すごく好きです。ミケランジェロの女性は、絵も彫刻も筋骨隆々なのが気になる。唯一、21歳ごろに作った彫刻「ピエタ」のマリアは好きです。レオナルドの女性には高貴さがあります。あ、フラ・アンジェリコの女性もすばらしい。
 話を戻しましょう。ラファエロの絵は「優美」という言葉で表されますが、確かにそのとおりですね。柔らかいタッチと同時に、確かな存在感もあります。その見事なブレンドが素敵です。画家によっては、衣服の模様や宝石をリアルに描いてるけれど、妙に冷たい印象を与えるということがあります。でもラファエロはひんやりした感じがなく、どれも品を感じさせつつ、温かいのです。画面全体の中で色やタッチのバランスが見事なのですね。一番の呼び物、「大公の聖母」は、複製画を飾っておきたい気もしました。
来場者の男女比率は圧倒的に女性が占めています。作品を見ると、それもうなずけます。自画像を見ても優男だし。

 二つの素晴らしい展覧会を見て、またぼくは充電できました。さあ、秋にはミケランジェロ展だ。

音楽家の肖像


大公の聖母

勝利の女神2012年11月16日


ブリヂストン美術館

 これは実物ではなく、カタログを見て描いたものです。使った色はセピアと青だけ。セピア色の写真のイメージを出してみたいと思いました。 ブリヂストン美術館には行ったことがあるのですが、この像は展示されていなかったので(と、ぼくの記憶ではそう思う)、ぜひ一度見てみたいものです。いい像ですよね。


武蔵美芸祭へ行きました。2012年10月29日


入り口に置かれたモニュメント

 楽しい楽しい武蔵美の芸祭に、土曜日(27日)行ってきました。娘の加愛は今年4年生で 卒業制作やら別のことで忙しいらしくて、芸祭には出品しませんでしたが、このイベントは毎年、見に行く価値があります。学生の力作を見て回ると心がワクワクして、本当に楽しいのです 。
 ちょうどお昼に会場に到着して、それから4時半ごろまで、途中食事も含めてずっと歩き回りましたが、もちろんこれくらいの時間ですべてを見ることは不可能です。いつものことですが、自分で見たいものをあらかじめ限定して見るしかありません。それでもなかなかのツアーです。
 まあ、それにしても美大の学園祭は面白い。たくさんのエネルギーとインスピレーションをもらいますね。そうだ、生きていこう! って、前向きになれます。

連休の過ごし方2012年05月04日


ほつれ髪の女

 先月は一度も記事を書きませんでした。忙しかったという単純な理由ではありません。年度が変わって、ぼくの周りにもいろんな変化があり、ぼく自身も仕事や生活が単純にこれまでの繰り返しではありません。ブログについても、これから何を発信していこうか考えています。大きくは変わらないのですが、これまでもまだ思い通りにいっていないところがあったし(やり始めて挫折しているシリーズものがある)、また、これまでより発展させたい部分もあるし。あれこれ考えていたひと月あまりでした。
 さて先月、展覧会としては、大友克洋原画展に行き、「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想」展にも行きました。それらのことも報告したかったけれど、書き始めるといろんなことを語りたくなって、なんだかんだ文章を考えているうちに、結局時間がなくなってしまうのです。
 とりあえず今日は、ダヴィンチ展の目玉作品、「ほつれ髪の女」を掲載します。お土産の絵はがきから。いやあ、美しい絵でした。しばらく絵の前にたたずみ、絵と対話をしていました。こんな奇蹟のような絵を見ていると、涙が出てくるんですよ。

 息子がこの春、大学に無事合格したおかげで、またお金があっという間に飛んでいって、連休はどこへも遊びに行けません。でも別にかまわないのです。というか、自分の仕事や創作に気持と時間を注ぐことができるいいチャンスと考えています(と言っても、連休ももう終わりですが)。
 今日もお昼ごろに、いつものように公園内を10km 走りましたが、この季節は花水木がきれいです。毎年見ているのに、今年はなぜか花水木につい目が向きます。桃色の縁のある花びらもいいし、白い花びらもいい。辛夷にしても花水木にしても、花の白色はなぜあんなに輝いているのでしょうね。
 チョウもあちこちで飛んでいました。自然や昆虫のことも、また写真とともにお話しできそうです。
 

安野光雅の絵本展2012年03月17日

 「安野光雅の絵本展」を昨日、見に行きました。板橋区立美術館で開かれています。今月25日まで。
 いい展覧会は、人を慰め、気持をワクワクさせ、新しい方向へ押し出してくれる力があります。この展覧会もそうでした。知的で、いい意味の品の良さを感じさせる、柔らかい線と色の原画を眺めながら、しばらくの間、安野ワールドに浸ることができました。しかし、ひとくちに安野ワールドと言っても、ものすごい広がりと奥行きを持っていて、とても一言で語ることはできません。

 すぐれた表現者は皆そうなのですが、新しいものと伝統を見事に融合させます。具体的に印刷技術の観点から説明しましょう。
 今の時代、デザインやイラストの世界ではコンピュータがなくては仕事ができませんが、ややもすればコンピュータにおんぶした安易な作品しか作らなくなってしまうことがあります。それには時間や費用の制限がもちろん要因の一部としてあるのですが。
 一方で、コンピュータという文明の利器を、やみくもに毛嫌いする人もいます。 かたくなに昔のやり方を守り続けるというやり方。それはそれで一つの方針としてありうるのですが、人によっては、実は新しい考え方についていけない、頭が固くなっているだけ、ということもあるのですね。そういう人たちの作品はたいていつまらないものです。
 で、すぐれた芸術家は、時代の新しい技術を使いつつ、同時に古くからの伝統も研究して、それらを調和させて、よりレベルの高い作品を作っていくのです。画家であり、デザイナーでもある安野さんは、それをやっているわけです(他にも、太田大八さん、堀内誠一さんもそういうタイプ。詩人で言えば、谷川俊太郎さん)。

 ぼくは日ごろの自分の仕事が、安易にコンピュータに乗っかったものに流れてしまっていることを、安野さんの作品を見ながら、つくづく思わされたのです(いつもうすうす感じてはいるけれど)。手作りを大切にしつつ、印刷の特性もちゃんと生かして、洒脱な表現を掘り下げていく姿勢は、見ていて頭が下がります。
 加えて、数学的発想。ぼくの苦手とする分野。しかし、その数学の面白さを絵本で楽しく伝えようとする姿勢にもまた感服するのです。
 さらに安野さんは、すぐれた文筆家でもいらっしゃる。味わいのある文章を書かれます。古典の素養もお持ちだから、言葉への感覚が鋭い。
 ああ、やっぱり一言では書ききれない。またどこかで続きをお話ししましょう。
 いいですね。こんな生き方ができたら。

武蔵美芸祭2011年10月31日


鳥ではありません。花です。

夕方のキャンパス

 武蔵美芸祭に行ってきました。天気が良くて良かった。
 ところで上の写真は展示物ではなくて、駅から大学までの玉川上水の土手に咲いている「ほととぎす」 。花の名前です。きれいなので、通りがかりに撮影しました。スケッチする時間はありませんでした。下は、もっと面白い風景を撮れば良かったかな。でも、雰囲気は分かるでしょう。

 美大や美術学校の芸術祭は本当に楽しいですね。いつも行くたびに心が躍ります。だって、さまざまな色や形がそこら中にあふれているから。作品だけじゃなく、学生たちがまた面白い。7割くらいは女子学生で、武蔵美もなかば女子大化している印象がありますが、さまざまなコスチュームがキャンパスを歩き回っているのです。
 刺激になります。若い人から力をもらう、という表現がありますが、本当にそのとおりです。こんな発想、こんな造形、こんな色彩、こんな線があるんだと、目を見張ります。どんなに忙しくても、こういうイベントを見に行くことは怠りたくありません。仕事だけやっていると、感覚の幅が狭まってきてしまうのです。
 美大の学園祭というと、恐らくほとんどの人のイメージは、 油絵か日本画で、どこかのギャラリーみたいに絵が展示されていて、静かにそれらを見て回る、というものではないでしょうか。しかし実際にはかなり違います。特にデザイン関連の学科は、関わる分野が驚くほど広がっていて、面白い試みをしています。単なる学生の遊びだけでもないのです。遊びから出発しながら、高いレベルで作品を結実させているものも結構あります。
 中学や高校の文化祭とはその辺がさすがに違いますね。

 面白いのは(毎年思うのだけど)、食べ物のお店は、肝心の料理や飲み物がおいしくなくても看板だけは力を入れて製作しているところ。美大ですねえ。

フレデリック・バックの大いなる孤独2011年09月25日


「木を植えた男」のDVD


 おととい(23日、金)、妻といっしょに東京都現代美術館へフレデリック・バック展を見に行ってきました。
 コンサートと同じように、いい展覧会はいい余韻をずっと残します。拙劣な比喩だけど、前回見た国芳展が川縁かどこかでゴザを敷いて、陽気に飲んで楽しむ日本酒の味わいなら、金曜日に見に行ったフレデリック・バック展は、森の中で木製のテーブルを囲んで、人生をしみじみ味わいながら飲むぶどう酒の味わいです。どちらもおいしくて、どちらも体にいい。その余韻が、さらに時間とともにまた発酵して、私の中に新たなクリエイティヴィティーを生み出します。

 20年以上前に、アニメの常識を破る「木を植えた男」の衝撃でフレデリック・バックのファンになり、本も買ったりしましたが、今回の展覧会でさらにバックのバックグラウンドを(オヤジギャグではありません)学べて、いっそう理解が深まりました。
 
 展覧会の前半ではひたすら学生時代や若いころのスケッチが展示されています。それが延々と続き、その数に圧倒されます。しかしそれらはそれぞれ一個の絵として完結しているものではなく、あくまで修行の作品です。スポーツで言えば、鑑賞者は基礎練習や筋トレを見ているような感じで、ゲームを見ているのではありません。だから変化に乏しく、ある意味退屈になるのです。それにしてもその作品点数と1枚1枚の描き込みには、圧倒されます。風景や人物や建物、衣服、動物、ありとあらゆるものを描きまくっている。手抜きをせずに。
 絵を描く行為は大変孤独な作業です。そこが音楽とちょっと違うところ。人と旅行をして絵を描くことはまずできません。一人旅に限ります。旅行だけじゃありません。身の回りのどんなものを描くにしても、いったん描き始めたら、そこから孤独な空間と時間が始まります。和気藹々と絵を描く、というのは、そういう目的でやる特別なイベントでもない限り、不可能です。人に気を使い始めたら絵は描けなくなる。
 そして世の中の大多数の人たちは絵を描かなくても生きていけるわけだから、そういう環境で絵を描くためには、意識してその時間と空間を作り出さなくてはいけないと言うことなのです。 
 バックは(いや、絵画の偉大な作品を造りだす人たちはすべて)どれだけの孤独な時間を費やしたことだろう、とスケッチを見ていて思いました。フランス生まれのフレデリックはカナダに移ってから結婚します。その奥さんが、旅行中、自分が絵を描くのをずっと待っていてくれたそうで、そのことに感謝しているフレデリックの言葉が、会場に掲示されていました。あとで妻とそのことを話したら、「あたしにはできないなあ」と言ってました。ほんとうにそうです(笑)。
 
 展覧会の後半に入って、絵の基礎練習が見事に開花するのを私たちは目撃します。そこ展示されている作品群の多彩さをどう表現していいのか。ぼくは日本の堀内誠一さん、太田大八さんを連想しました。多岐にわたって優れた仕事を残している点が共通しています。引き出しをいくつももっているのです。ポスター、絵本、TV番組、ドラマのセット、あらゆる分野に、それまで体に覚えさせてきたあらゆる形や表現方法がすべて生かされるのですね。見事と言うしかありません。ぼくが鈍感にも退屈と感じてしまった膨大なスケッチがあればこそ、これらの仕事ができたのだと言うことがわかるのです。クライマックスはもちろん「クラック!」「木を植えた男」などのアニメです。これらの作品は、日本やアメリカの商業アニメとは根本的に異なります(ただし、私はここで商業アニメを低く見ているのではありません)。原画のほとんどを(「木を植えた男」の場合、約2万枚)一人で描いたという点です。これは空前絶後のことです。
 もちろん、高いレベルで偉大な作品を創りあげているアニメの個人作家は他にもいるわけですが(ロシアのノルシュテインを挙げないわけにはいかないだろうけれど、私は勉強不足なので、これから見ていこうと思っています。同じくロシアのペトロフによる「老人と海」は「木を植えた男」に通じる名作です。これまた感動もの。あ、イギリスの「ウォレスとグルミット」シリーズを作っているニック・パークもいいなあ。DVD集めたいなあ。と、だんだん話が逸れていく)、気の遠くなるような作業によって作品を創りあげる、数少ないクリエイターの一人であることは確かです。
 展示されている原画セル(たくさんあったのだけれど、それも全体のほんの一部でしかない!)を見ていて思いました。ここには大いなる孤独がある。想像を絶する集中力と忍耐力で膨大な絵を描き上げた末にできあがる芸術品。そうか、この人は、絵を描く作業を通して、自分の世界を若いときから恐ろしいくらい追求し、広げ、豊かにしてきた人なのだと。凡人の「孤独」とは定義が異なるのです。それはまた、北斎やダ・ヴィンチと通じる世界です。
 フレデリック・バックもまた、若いときから今に至るまで、「満ちてゆく孤独」という点で、一貫した道を歩んできているのです。

国芳展 後期展示2011年07月23日


百色面相
 太田美術館で開かれている国芳展の後期展示に行ってきました。ほんと、面白かったです。笑えますよ。前期展示とはガラッと変わった内容。それでもって、やっぱり国芳。
 The more I get to know Kuniyoshi, the more I get to like him. 
 
 今回もまた、おおいにインスピレーションを受けましたね。得るものがたくさんありました。
 生家が染物屋だったそうですが、それだけに着物の模様のすばらしさは目を奪うものがあります。よくこれだけのものが描けると思います。一つ一つじつにていねいに描かれています。まあ、着物だけじゃなく、人の表情も建物も全部ていねいなんだけどね。
 美人画になると、顔が約束事の企画ものになってしまうのだけれど、それ以外の作品では、実に豊かな表情(特に男の顔)を描いています。掲載の絵をごらんください。

 現代に生きていたら、間違いなく超一流のマンガ家であり、アニメーターであり、グラフィックデザイナーだったでしょう。人を含め、生きている者たちへの愛情にあふれています。そしてユーモアと反骨精神。
  とくにユーモアと反骨精神には改めて教えられます。当時、役者絵や美人絵を風俗を見出すという理由で、幕府からことごとく禁止されるのですが、それを国芳はことごとく逆手にとって、猫や雀を擬人化した絵にすることで、より面白いものを創りあげてしまうのです。こういう柔軟かつ不屈の精神は見習いたいものです。

 江戸文化はほんとうにすごいなあ。と、改めて感動するのでした。江戸だけじゃない。日本文化がすごいのだ。