創立記念演奏会2013年04月21日


手描きのパターンとの組み合わせ

 またまたご無沙汰してしまいました。ごめんなさい。
 野方町教会の創立記念演奏会が今年も開かれます。
 今年はソプラノの本宮廉子(もとみや・きよこ)さん、チェンバロの坪井香野(つぼい・かやの)さん、チェロの十代田光子(そしろだ・みつこ)さんによる演奏です。
 チェンバロ演奏は数年前にも当教会でやっていただきました。今回は演奏者が異なりますが、生のチェンバロ演奏が聴ける機会はめったにないので、楽しみです。オーディオ機器がどれだけ発達しても、生で聴く楽器演奏は音の質が全然違いますね。歌声も違うし。
 お時間ありましたら、ぜひお友達やご家族とお誘い合わせの上、おいでください。入場料無料です。

 さて、デザインの話をさせてください。
 毎度、チラシのデザインは、アイデアを思いつくまでが本当に大変です。いったん方向性が決まれば、あとは、作業時間がある程度読めるのですが、無の状態はいつも苦しみの中です。
 今回のチラシ、自分としてはこれまでの制作したものの中では気に入っている作品です。明朝体のタイトル文字に飽きていたので、もっとシャープな感じにして、でも冷たくならないものにしたいと考えました。
コンピュータに頼るだけのデザインやイラストは薄っぺらになります。それは極力避けるように心がけています。手作りのタッチを込めないと面白くありません。人間や自然が感じられるデザインやイラストでありたいというのが、ぼくの基本方針です。
 新緑の季節なので、陽を浴びる木の葉のイメージを出しました。最初、インターネットで無料の木の葉の写真をダウンロードし、コンピュータ処理してみたのですが、実に実につまらなくなりました。で、方針変更。水彩絵の具で、クレーの絵のようなパターンをていねいにつくっていったのです。時間はかかったけど、色を塗っていてとても楽しく、思い描いていたようなイメージに仕上がりました。
 ぼくはやっぱりクレーが好きなのだと思いました。彼の絵には旋律やリズムと言った音楽があります。だから演奏会のチラシにはクレーのタッチがピッタリですね。

コメント

_ 笹木 ― 2013/04/26 00:12

またfacebookのほうに行っていたのかな。近頃、大学のクラブの連中からメールでFBへの誘いがあったので仕方なく登録したが、使い方がよくわからないまま使っている。峯田の名前で検索したけど、違う人だった。もう世の中についていけないと痛切に思うよ。このまえ会社の人に桜にまつわる音楽CDを作ってくれと言われ作成したが、ユーミンの「花紀行」が秀逸だ。編曲が素晴らしいこともあるけど。むかし何かの雑誌で桜の花びらが散ったら地面に落ちるのではなく疎水などの水面に落ちて流れていくのが望ましい等のことをユーミンが言っていたが彼女の感性は本当にすごいと思う。この内容は彼女の「経る時」という曲の中でさりげなく出てくる。一度聞いてみてくれ。

_ 雑虫 Zomushi ― 2013/04/27 23:07

そうなのです。Facebook での書き込みは毎日というわけではないけれど、他の人のを読んだりしているのです。画像や動画のUPがこっちより簡単なので、使いやすいですね。
Toshiyuki Mineda で検索してみて。見つかるかもしれない。峯田も数人いて、別の峯田さんから誘われて、峯田家のグループ(峰ではない峯田のみ)も実際作ってます。
ユーミンの「花紀行」は聴いたことがないので、聴いてみます。ユーミンの感性は確かにすごいと思います。詩だけではなく、メロディーがいいね。中島みゆきって、僕の好みで言うと、メロディーがいまいちかなあと。詩はものすごいけれど。

トラックバック