創立記念演奏会2013年04月21日


手描きのパターンとの組み合わせ

 またまたご無沙汰してしまいました。ごめんなさい。
 野方町教会の創立記念演奏会が今年も開かれます。
 今年はソプラノの本宮廉子(もとみや・きよこ)さん、チェンバロの坪井香野(つぼい・かやの)さん、チェロの十代田光子(そしろだ・みつこ)さんによる演奏です。
 チェンバロ演奏は数年前にも当教会でやっていただきました。今回は演奏者が異なりますが、生のチェンバロ演奏が聴ける機会はめったにないので、楽しみです。オーディオ機器がどれだけ発達しても、生で聴く楽器演奏は音の質が全然違いますね。歌声も違うし。
 お時間ありましたら、ぜひお友達やご家族とお誘い合わせの上、おいでください。入場料無料です。

 さて、デザインの話をさせてください。
 毎度、チラシのデザインは、アイデアを思いつくまでが本当に大変です。いったん方向性が決まれば、あとは、作業時間がある程度読めるのですが、無の状態はいつも苦しみの中です。
 今回のチラシ、自分としてはこれまでの制作したものの中では気に入っている作品です。明朝体のタイトル文字に飽きていたので、もっとシャープな感じにして、でも冷たくならないものにしたいと考えました。
コンピュータに頼るだけのデザインやイラストは薄っぺらになります。それは極力避けるように心がけています。手作りのタッチを込めないと面白くありません。人間や自然が感じられるデザインやイラストでありたいというのが、ぼくの基本方針です。
 新緑の季節なので、陽を浴びる木の葉のイメージを出しました。最初、インターネットで無料の木の葉の写真をダウンロードし、コンピュータ処理してみたのですが、実に実につまらなくなりました。で、方針変更。水彩絵の具で、クレーの絵のようなパターンをていねいにつくっていったのです。時間はかかったけど、色を塗っていてとても楽しく、思い描いていたようなイメージに仕上がりました。
 ぼくはやっぱりクレーが好きなのだと思いました。彼の絵には旋律やリズムと言った音楽があります。だから演奏会のチラシにはクレーのタッチがピッタリですね。