スケッチ2点2013年03月28日



サビーネ。クルーガーさん


デイヴィッド・マッキントッシュさん。

 久々に人物スケッチを。
 週2回行っているNCCで、きのうお別れ会と歓迎会が行われました。そこで描いたものです。
 上の人は、3月にドイツから来日した牧師、サビーネ・クルーガーさん。下の人は、3月でNCC JEDRO (震災対策室)を去り、新しい職場へ行くデイヴィッド・マッキントッシュさん。
 ここ数か月、電車でのスケッチにはっきり言って飽きてきていたので(理由はいろいろあります。言い訳ではなく)、人物スケッチの機会が減っていました。でも昨日は久しぶりに「描くぞ」という気持ちで描くことができて、 その気合いに見合った出来の作品になったので、満足してます。

 サビーネさんは日本の大震災被災地支援のためにやってきました。3年の契約でNCCと協力しながらお仕事をしていくのですが、最初の1年は日本語習得に力を注ぎます。外国語を習得すること、しかもある年齢を過ぎて、母国語とかけ離れた言語を学ぶことがどれだけ大変か、僕自身、身にしみて感じていますから、その姿勢に頭が下がります 。穏やかな人柄の素敵な人です。
 デイヴィッドさんはカナダの牧師。幼いころ日本に住んでいたので、完璧なバイリンガルです。通訳としてだけでなく、またさまざまな方面で活躍してくださいました。ユーモアのあるやさしい人です。

 話は逸れますが、ぼくは外国人と話をするのが好きです。僕自身は全然外交的ではなく、むしろ内気な性格なのですが、外国の人たちとコミュニケーションをとることは(当然、欧米人だけじゃありません。アジア、アフリカ、中南米、どこでも)自分の世界を広げてくれるから好きなのです。
 そして、その人たちと近づくときに 役に立つのが、絵です。絵を描いてあげる。するとすぐに友達になれます。若いときからそうでした。へたくそでいいから、その人の絵を描いて、見せる。そこから会話が生まれるのです。僕は英語やフランス語でもできる限りお話をしたいと思うけれど(これもへただけれど)、それに加えて絵を描くことが僕独自のコミュニケーション方法になっています。その賜物が神さまから与えられていることをぼくはすごく感謝しています。

コメント

トラックバック