マラソンをやってる意味2013年03月10日

 
どのあたりを走ってるときかな


みんなで万歳

 東京マラソンの写真ができてきました。そのうちの2枚を掲載します。
 下の写真はいかにも東京マラソンらしい様子がわかる映像ではないでしょうか。たまたま僕自身がいい位置で撮ってもらえたこともあって、気に入っています。

 なんだかんだ言って、ランニングを本格的に始めてから丸5年が過ぎました。ときどきこのブログにランニングやマラソンの記事を書いていますが、僕がマラソンの話を通じて皆さんに一番伝えたいことは、僕自身の生活がマラソンに 支えられてきたということ。だから僕にとって走ることは他者との競争や比較ではなく、自分という人間と対話し、しかも社会ともつながることのできる、価値のある活動なのです。今では必要不可欠な、生活の柱の一つとなっています。
 以前に話したかもしれませんが、僕がランニングに関して持ち続けている確信は、ランニングは心身を健全にするという真実です(ただし、あくまでも市民マラソンのレベルの話です)。その確信の裏には、もし僕が5年前に走っていなかったら、鬱になっていたかもしれないという事実があります。
 そもそも走り始めた動機も、息子の都立高校不合格という憂鬱な理由からでしたが、それ以後、走ることを習慣にしていく過程で、心をふさがせるようないろんな出来事に遭遇しました。ところがそんな日々でも、ルーティーンとしてランニングをすると、走り始めてしばらくして、それまで鬱々と沈んでいた心が嘘のように晴れ渡ったのです。そんな感覚をたびたび味わいました。体と心がこんなに密接に結びついているんだという驚きがありました。
 僕は、絵画と言葉とランニングに救われていて、この3つによって自分の精神と体が形づくられているのです。
 ランニングで救われたという記憶が、今も僕を走らせています。これは何ものにも代え難い経験です。理屈ではない。単に健康のためなどという単純な理由ではありません(もちろん、健康は大切ですよ)。だから、僕はまわりの人たちにも、もし怪我や病気などの重大な支障がないのであれば、ぜひ走るといいですよと、お薦めしているのです。歩くだけでも全然違うと思う。
 
 余談ですが、息子が都立高を落ちなかったらマラソンはやっていなかったでしょうね。その意味で、あの出来事には感謝しています。あのときマイナスに思えたことがプラスに転じたのだから。息子も今は念願の大学に入って、充実した学生生活を送っています。

 今、僕は今月24日に行われる板橋シティーマラソンに向けて準備を進めています。

スケッチ2点2013年03月28日



サビーネ。クルーガーさん


デイヴィッド・マッキントッシュさん。

 久々に人物スケッチを。
 週2回行っているNCCで、きのうお別れ会と歓迎会が行われました。そこで描いたものです。
 上の人は、3月にドイツから来日した牧師、サビーネ・クルーガーさん。下の人は、3月でNCC JEDRO (震災対策室)を去り、新しい職場へ行くデイヴィッド・マッキントッシュさん。
 ここ数か月、電車でのスケッチにはっきり言って飽きてきていたので(理由はいろいろあります。言い訳ではなく)、人物スケッチの機会が減っていました。でも昨日は久しぶりに「描くぞ」という気持ちで描くことができて、 その気合いに見合った出来の作品になったので、満足してます。

 サビーネさんは日本の大震災被災地支援のためにやってきました。3年の契約でNCCと協力しながらお仕事をしていくのですが、最初の1年は日本語習得に力を注ぎます。外国語を習得すること、しかもある年齢を過ぎて、母国語とかけ離れた言語を学ぶことがどれだけ大変か、僕自身、身にしみて感じていますから、その姿勢に頭が下がります 。穏やかな人柄の素敵な人です。
 デイヴィッドさんはカナダの牧師。幼いころ日本に住んでいたので、完璧なバイリンガルです。通訳としてだけでなく、またさまざまな方面で活躍してくださいました。ユーモアのあるやさしい人です。

 話は逸れますが、ぼくは外国人と話をするのが好きです。僕自身は全然外交的ではなく、むしろ内気な性格なのですが、外国の人たちとコミュニケーションをとることは(当然、欧米人だけじゃありません。アジア、アフリカ、中南米、どこでも)自分の世界を広げてくれるから好きなのです。
 そして、その人たちと近づくときに 役に立つのが、絵です。絵を描いてあげる。するとすぐに友達になれます。若いときからそうでした。へたくそでいいから、その人の絵を描いて、見せる。そこから会話が生まれるのです。僕は英語やフランス語でもできる限りお話をしたいと思うけれど(これもへただけれど)、それに加えて絵を描くことが僕独自のコミュニケーション方法になっています。その賜物が神さまから与えられていることをぼくはすごく感謝しています。