山羊さん2012年11月03日


久々のクロッキー

  今日は息子の通う農大の収穫祭に行ってきました。人の多いこと多いこと。キャンパス内はどこもかしこも人でごった返していました。学生だけではありません。赤ちゃんからお年寄りまで、家族連れや高校生のグループや、ありとあらゆる層の人たちが訪れていました。
 楽しかったですよ。食べ物はおいしいし。農大の純米吟醸酒もお土産に買って帰りました。写真を数枚撮ったのですが、それは記事と一緒に後日掲載します。今日は会場で描いたスケッチを。久々のクロッキーです。さすが農大。ミニ動物園が設置され、かわいい動物たちとふれあうことができました。
 ぼくはその中からあまり人が寄ってこなかった山羊さんを描こうと思ったのですが、描き始めたとたんにどんどん人が集まってきて、「かわいい」「かわいい」と言って、山羊さんをさわり始めました。当然山羊さんは動きまわります。しかも、しばらくして、もう今日の動物園はおしまいですってことで、動物さんたちのお帰りの時間になってしまいました。
 ものすごいプレッシャーの中、とにかくペンを走らせたのがこれです。あ、何だか先月掲載した豚の絵と同じく、後ろ姿になってしまいましたね。実はこれの前に、前から見た顔を描いていたのですが、なかなかじっとしてくれなくて、未完に終わっているのです。
 着彩は撮影した写真を元に帰宅後やりました。

シシャモ2012年11月12日


サインペンと水彩

 6年前に描いたシシャモ。ここに書いてあるとおり、ほんとうは6匹描きたかったのですが、食事の準備が始まってしまい、1匹だけに終わりました。食べ物を描くときは、いや生き物は皆、時間との勝負ですね。シシャモ、大好きです。今度、別の魚も描いてみます。

 ぼくはこのブログの方針の一つとして、現在描いている絵と、昔の作品を適当に混ぜながら掲載してますが、昔の自分の描いたのは忘れていることに気づきます。ああ、こんなの描いてたんだと。改めて驚いたのは、昔も、小さい作品ばかりだけど、それなりに時間を作ってスケッチをしてたんだということです。つまりあの頃も、思っているよりは絵を描いていたんだと気づくのです。それはノスタルジーではなく、自分の過去への正しい評価のためであり、未来への正しい方向付けのために必要な作業なのです。
 何かを見つけたら、何かを思い立ったら、絵にする。そんなことを淡々とやっていきたいと、今年の春、もう一度決心したのだけれど、そんな2012年もあとひと月半ですね。速い。

勝利の女神2012年11月16日


ブリヂストン美術館

 これは実物ではなく、カタログを見て描いたものです。使った色はセピアと青だけ。セピア色の写真のイメージを出してみたいと思いました。 ブリヂストン美術館には行ったことがあるのですが、この像は展示されていなかったので(と、ぼくの記憶ではそう思う)、ぜひ一度見てみたいものです。いい像ですよね。


聖句カードギャラリー第18回2012年11月23日


おなじみ受胎告知

 今年のアドヴェントは12月2日(日)からですが、 ひと足早く待降節のカードを。おなじみの受胎告知です。この主題の絵はたくさんありますが、僕が好きなのはフラ・アンジェリコとダ・ヴィンチの絵。おもにその二つを元に絵を制作しました。でも、天使ガブリエルの姿はまったくのオリジナルです。
 もう一つ、僕の好きな「受胎告知」 がありました。『クリスマスのものがたり』(フェリクス・ホフマン文・絵、福音館書店)の一場面です。この絵本画家の絵がぼくは大好きで 、特にここに描かれているマリアの清楚なたたずまいはすばらしいものです。


つくばマラソン完走2012年11月26日

 きのう(25日)第32回つくばマラソンを走ってきました。雲一つない快晴だったので、よけいなストレスがかからなくて良かったです。3連休の中で一番いい天気でしたね。
 荒川マラソンと比べて、長所短所いろいろ感じましたが、全体にいい大会ではあります。田んぼや畑の広がる沿道で、農業をやってそうなおばちゃんおじちゃんたちが「がんばって〜」と応援してくれるのが、なごみ系で楽しかったです。
 物足りなかったのは、途中の距離表示と、時間計測が少なかったこと。表示が多すぎてもプレッシャーですが、もう少しあってもいいのではと思いました。あと、コースの一部が自動車道(学園西大通りと東大通り)だったので、10km 近く車の排ガスを真横で吸いながら走ることになり、特に復路ではちょっと気持ち悪くなりました。
 ぼくは11月初めからずっと風邪気味だったことや仕事が混んでたことがあって、事前の準備が十分ではなく、不安を抱えての出場でしたが、無事完走できました。記録は春に走った荒川よりも落ちて、3年前の初マラソン記録をほんの少し上回った程度(4:30:47)。でも、今の調子を考えると、こんなものか。リタイアしなかっただけでも満足しよう。前日に駅近くのビジネスホテルで一泊し、食事や睡眠や精神面など、寸前にモチベーションを上げて何とか乗り切りました。万全でない中でもどうやってやりくりしていくか、それもまた生きていくための大切な知恵です。
 月間走行距離が100km に達しないのでは、サブフォー(フルマラソンを4時間未満で走ること)なんて無理な話ですね。夏頃から練習量がずっと少なかったのです。どう自己管理をして体力・精神力を上げていくか、練習の工夫が必要です。今後の課題だなあ、と30km 過ぎあたりを走りながら考えてました。
 来年2月の東京マラソンまで3か月。今度は周到に準備したいと考えてます。3か月というのは、ちょうどいい長さです。今度こそ サブフォーを!

 これでフルを3度走ったことになりますが(それ以外にハーフ3度、30km 2度)、準備不足とは言え、よほどのことがない限り、完走することは間違いないなと思いました。毎回のごとく30km 過ぎてからがほんとうにきついのですが、途中で止まりはしないという確信があるのです。それは無理に言い聞かせるのではなく、他人事のように、最後まで走り続けるなと予想できる不思議な感覚です。
 走るたびに新たなことを学び、身につけます。地方に行って走ったのもいい経験でした。毎回しんどいのに、走り終わるとまた次も走ろうって言う気になるのですね。不思議なものです。
 ここ数年のマラソンブームのせいで(ある調査では、日本のランニング人口は800万人だとか!)大会のエントリーが難しくなっていますが、来年もまたマラソン生活を続けていこうと思います。

クリスマスカード2012年11月30日


ハガキサイズです

 最近の作品です。NCCのクリスマスカード用に描いたイラスト。カードのデザインもしました。