着彩再開 四尾連湖スケッチ2012年08月29日


ボートの桟橋

 またしても長い間、更新を怠っていました。先ほど久しぶりに開いてみたら、なんと1ヶ月半近く! これはいかん。定期的にここをご訪問くださっている方がいらっしゃることを思うとたいへん申し訳なく思います。ごめんなさい。病気だったのでも、仕事がめちゃ忙しかったのでもなく、Facebook の方に時間をとられていたのです。

 さて、きょう掲載するのは、先々週、教会学校の夏期キャンプを行なった山梨県の四尾連湖(しびれこ)でスケッチしたものです。自分一人の旅行ではないので、スケッチの時間はほとんどとれず、この 1枚のみ。
 偶然作れた空き時間を利用したものだから、いつもの人物スケッチみたいにサインペンで描いてそれで終わるつもりでした。しかし、あとで 、やっぱりこれは色をつけなきゃ面白くないなと思い始め、おととい着彩しました。ほんとうは着彩を考えると、このアングルで写真を撮っておけば良かったのだけれど、そこまで考えていなかったので、別の写真を元に色をつけました。
 この絵は、Facebook にも掲載しましたが、実はそのあと少し色を付け足していて、こちらはその改訂版なのです。
 湖の写真は今度掲載します。

 このブログでは聖句カードとサインペンスケッチを掲載していますが、おわかりのように、聖句カードはコンピュータによる着彩です。それはもちろん効率がいいし、コンピュータでなければできない色の付け方があって、使い勝手はあるのですが、PCだけで着彩していると次第にストレスがたまってきます。
 やっぱり筆を使って水彩で着彩したいという欲求がむくむくと湧いてくるのです。制作時間や家の中のスペース といったいろんな事情で、水彩絵の具を常に使用できる状態に保つことはなかなか難しいのですが、先日、再開にこぎつけました。

 更新すると言いながら、すぐにまた休んでしまったりして、あまり約束を守らなくて申し訳ありません。でもそのたびに、必ず復活するように努めます。掲載作品がFacebook と重複する部分もありますが、このあといろいろ載せていきます。